ドナルド・ジャッドはアメリカの芸術家で、ミニマル・アートを代表するアーティストの一人です。

詳しくはこちら → ドナルド・ジャッド(アートペディア)

彫刻の概念を変革したことと、芸術作品はその作品単体で完結するという”純粋芸術”で有名です。

 

 

 

 

 

 

 

 

晩年に家具もデザインしていて、それらも有名です。

 

 

 

家具は実際には使いにくそうで、実用的な家具というよりはアートの側面が強いように私には思われます。

アーティスト”ドナルド・ジャッド”の家具としての価値は高いと思います。

 

 

そのアートの意味や本質はよくわかりませんが、ドナルド・ジャッドの家具にインスパイアされて生まれた家具がユークリッド・ベンチです。

 

 

直線的で幾何学的な家具を作ってみたいと思いました。

脚が丸いのでそこはドナルド・ジャッドのデザインには準じていません。

 

 

 

 

 

アートとデザインには明確な境界線があるわけではないですが、決して同じではありません。

家具のデザインはアートではなく、デザインであるべきだと思います。(ジャッドへの批判ではありません)