bambina+について紹介します。

about bambina+

bambina+は福岡発の無垢材オリジナル家具ブランドです。古賀市に工房、福岡市東区雁ノ巣に直営ショップがあります。

イタリアで家具デザインを学び、日本を代表する木工家矢澤金太郎先生の元で家具職人の修行をした代表キムラケイゴが2003年に始めました。プロフィールはこのページの下部にあります。

お客様に良質な家具を提供していくことが第一の目標ですが、同時にいい家具デザインを世界に発信して、ロングセラーになるような家具デザインを生み出すことも目標の一つです。

bambina+の仕事

無垢材の家具の製作と販売がメインの仕事です。チェリー材を主とした良質な無垢材でデザイン性が高くて長く使えるオイル仕上げの家具を作っています。

形の決まった定番家具が100アイテムほどあり、そのサイズ違いのセミオーダー、完全なフルオーダーも承っています。遠方発送も可能です。またすでにお持ちの既製品家具の修理・リメイクも予算と技術が合えば承っていますので、お電話かメールかお問い合わせページよりご相談ください。

お問い合わせ

雁ノ巣の直営ショップでは陶磁器やガラスなどのクラフト作家さんの作品、北欧雑貨や波佐見焼などのセレクト雑貨も販売しています。詳しくはこちら

家具の特徴

bambina+の家具の特徴は下記になります。

1 無垢材のみを使用

基本的に無垢材しか使いません。引き出しの底板もチェストの背板も全て無垢材です。無垢材とは本物の木の塊のことで、表面にきれいな板を貼っただけの突き板とは肌触りも存在感も全く異なります。bambina+では高級家具材として定評のあるチェリー材を中心に、ブラックウォルナット材、メイプル材、パイン材などを使用しています。

2 オリジナルデザイン

全て完全なオリジナルデザインです。古今東西の家具デザインを研究してそのエッセンスを咀嚼して自分のデザインとして再構築したり、今までになかった全く新しいデザインを生み出すように日々研鑽しています。

3 オイルフィニッシュ

基本的には全ての家具がオイルフィニッシュ(オイル仕上げ)です。天然のオイルを木材に浸透させることによって木本来の美しさを引き出すとともに耐久性を高めるという仕上げ方法です。bambina+ではドイツのリボスオイルを3〜4回、最後に蜜蝋ワックスを1回塗って表面をしっとりとした肌触りにしています。オイル、ワックスともに100%天然素材です。ご要望があれば無塗装、ウレタン塗装、着色仕上げ、なども対応してます。

4 木組みの技法

bambina+の家具は日本の伝統的技法である木組みを主に、 多くの職人的技術を駆使して作られています。釘を使わず木のみで組み上げることにより、接合部に柔軟性が生まれ長期的耐久性が得られます。大量生産では決してできない技法で、無垢材の乾燥による収縮や反りにも対応するように作っています。

家具のオーダーの流れ

家具のオーダーはお店で直接か、メール、お問い合わせページからお願いします。
近郊の方はご自宅に伺って実際に部屋を見ながらご相談頂くことも可能です。

希望の材料、サイズ、用途、など教えて頂ければお見積もりとデザイン案(図面)をメールか郵送で送らせて頂きます。まずお見積もりだけ聞きたいという方には先におおまかなお見積もりだけお知らせします。

材料はチェリーをメインに、ブラックウォルナット、メイプル、タモ、パインなどが使用可能です。他の材料も相談頂ければ使用できる可能性もあります。

詳細を詰めていきご注文決定となりましたら前金として価格の一部(30%〜50%)をご入金頂きまして注文確定となります。
残額は納品時か、納品後1週間以内にご入金をお願いします。

納期はその時の状況によりますが、おおよそ1ヶ月から3ヶ月になります。
福岡県内は送料サービス(小物以外)、県外は実費をお願いしております。

代表プロフィール

キムラケイゴ 北九州市門司区出身

九州大学理学部物理学科卒業
大阪のソフトウェア開発会社勤務
デザインを志し、デザイン留学を決意
イタリアに留学、家具デザインを学ぶ
ポラダデザインアワード優秀賞受賞
宮崎県の指物工房矢澤にて3年修行
2003年古賀市に家具工房をオープン
2005年雁ノ巣にショップをオープン