ミナ ペルホネンの生地を使った家具シリーズができました。

 

オリジナリティ溢れるモノ作りで世界的に高い評価を受ける日本発のファッションブランド”ミナ ペルホネン”。
そのミナ ペルホネンがインテリア用に発表したファブリック”dop”を張ったオリジナルチェアを作りました。

“dop”とはイタリア語のdoppio(英語のdouble)から名付けられ、その名の通り両面モールスキンのダブルフェイスであり、
使い込んで表の糸が擦れた時に裏の色が現れてその変化も楽しみつつ長く使えるという全く新しい発想の生地になります。

その”dop”シリーズからフリーハンドで描かれたドットの輪が美しい”tambourine”の5種類の生地をbambina+が選びました。

 

この5種類がbambina+が推奨する定番の生地になります。
なお表と裏は刺繍のドットの向き(表裏)が違うので逆にはできません。

 


* minä perhonen デザイナー皆川明氏が1995年に立ち上げたブランド。生地産地に脚を運びオリジナルの生地作りから始まる、流行にとらわれないデザインと物づくりの思想は世界的に高い評価を受け、近年ではファッションだけでなくインテリアやテーブルウェアなど幅広い分野で多くの商品を発表している。

 

「アルパカチェア」

そしてこのミナ ペルホネンの生地に合わせてまず2つの家具をデザインしました。
一つ目がダイニングチェアのアルパカチェアです。

チェリー材 + インディゴ/オレンジ

メイプル材 + ブルー/イエロー

 

横から見た時の姿からアルパカと名付けました。
座面と背中にともにミナ ペルホネンの生地を張った座り心地のいい椅子になります。

詳細はこちらをご覧ください → アルパカチェア

 

 

「ステラスツール」

二つ目がミナ ペルホネンの生地に触発されて生まれたステラスツールです。

ミナ ペルホネンのような”詩的”な世界観がテーマになります。

 

 

裏の星型からstella(イタリア語で星の意)と名付けました。
刺繍のドットは立体的で実物でしか伝わらない美しさがあります。

詳細はこちらをご覧ください → ステラスツール

 

 

現在はこの2種類がミナ ペルホネンの生地を使った家具になります。
今後も少しずつシリーズを増やしていく予定です。


 

 

bambina+推奨のパターン以外の生地も選択可能ですが割高になる場合があります。
“tambourine”の生地サンプルはお店にありますのでぜひご来店して実物をご確認されてみてください。

ミナ ペルホネンシリーズに関するご質問やご注文は下記よりお願いいたします。

お問い合わせ